バイクの売買、買い取り情報専門のサイトです☆BIKE INDEX

【BIKE INDEX】 【BIKE INDEX】 【BIKE INDEX】 【BIKE INDEX】 【BIKE INDEX】
 

BIKE INDEX ロゴ

バイク売買のメリット・デメリット

個人売買
友達や知人に直接声をかけたり、バイクを欲しがっている人を紹介してもらう等の経路で、業者を通さず個人間でバイクを売買する方法です。
昔のバイク個人売買は、バイク雑誌等の投稿コーナーを経由しての個人売買が中心でした。しかし、現在では、ネットオークションを利用するケースが増えているようです。
個人売買の最大のメリットは、手数料やマージンなどの流通経費が発生しないことでしょう。金額の折り合いさえつけば、それ以上に無駄な出費が生じません。
金銭的なメリットの他には、長年愛用してきた思い入れのあるバイクだからこそ、大切に乗ってくれそうな友達や知人に買ってもらえるという満足感もあろうかと思われます。

売り手のメリット
業者を通さない分、高めにバイクを売れる可能性がある。
バイク買取専門業者に売却する場合、ほとんどのバイクが業者オークションに出品されます。買取専門業者は、業者間の売買で利益を確保しています。業者オークションでバイクを入手した販売店は、落札した金額に販売店の利益分を上乗せして店頭価格を決めますので、買取価格と販売価格の間にはかなりの開きがあります。個人売買においては、販売価格と購入価格に差額が生じませんので、売り手、買い手ともに得と言えるかも知れません。
自分のバイクの売値を自由に決めることができる。
長年乗ってきた自分の愛車の値段は自分で決めたいはずです。個人売買なら値段を自由に決める事ができます。
自分のバイクの価値がわかる人に売ることが出来る。
個人売買なら、愛車の価値を理解してくれる人に売ることができます。買取専門業者は、改造車に対する査定が厳しいのが通例ですが、個人売買なら、改造車でも高めに売れる可能性があります。業者では評価できない改造も、同じ趣向の人には逆に高く評価してもらえる可能性があります。
買い手のメリット
業者を通さない分、安くバイクを手に入れることが出来る。
売り手のメリットと同様に、業者の介入がありませんから、売主の決めた価格そのままですのです。また、個人売買の最大の特徴は、消費税がかからない点です。単純に5%得します。
乗っていた人がかわかる。
個人売買なら売主と買主との直接交渉となりますので、売主がどんな人か分かります。買おうとしているバイクのクセや細かい注意点を教えてもらうことができるでしょう。また、余っているるパーツ等を、ただで分けてもらえるかも知れません。
掘り出し物を見つけることができる。
バイク買取専門業者で査定ゼロと言われたバイクであっても、走行に問題がなければ価値があるわけで、1万円でも3万円でも売りたいという人もいるはずです。個人売買なら格安で中古バイクを見つけることが可能です。 買うときの注意点としては、電気系統のチェックもしっかり行いましょう。
個人売買のデメリット
すぐに買い手がみつかるとは限らない
バイクを売りたいと思った時に、タイミング良く身近な友達や知人で中古バイクを欲しがっている人が見つかることは稀かも知れません。したがいまして、バイクの売却を急いでいる場合に個人売買は向いていません。
売買価格の妥当性を判断が難しい
バイクの状態を見て、売主の主張している売値が高いのか安いのかを判断することは難しいと思われます。勢いで買ってしまって、後で後悔してしまうことが心配な人は、個人売買を避けるべきでしょう。もし、数十万円以上の金額である場合は、個人売買は初心者にはリスクが大きいと言えます。

ローンを組むのが難しい
個人売買を対象としたオートローンもあるようですが、一般的にはバイクの個人売買でローンを組むことは難しいようです。手持ちの現金がない場合は、個人売買は難しいかも知れません。もし、使途自由のカードローン等を契約している場合は、限度額の範囲内であれば利用することも可能でしょう。
トラブルの解決が難しい
個人売買の場合、トラブルが発生した場合に当事者同士だと解決が難しいケースも予想されます。第三者の保障がないので、バイクの状態についてのクレーム、名義変更の手続きの遅れなど、お互いが慣れていないとスムーズな取引が難しい面もあります。