バイクの売買、買い取り情報専門のサイトです☆BIKE INDEX

【BIKE INDEX】 【BIKE INDEX】 【BIKE INDEX】 【BIKE INDEX】 【BIKE INDEX】
 

BIKE INDEX ロゴ

エコカー(低公害車)とは

エコカー(低公害車)とは
近頃、巷では何事にもエコ、エコと環境を考えた商品が出回る世の中になってきました。自動車も例外ではなく、エコカーという環境に配慮した自動車がでてきました。エコカーは、大気汚染物質の排出が少なく環境への負荷が少ない自動車です。狭義には電気自動車、メタノール自動車、圧縮天然ガス (CNG) 自動車及びハイブリッド自動車 (HV) の4車種を指します(四低又は低公害車4兄弟とも称されます)。低公害車の認定を受けた自動車は、税制面で優遇される等の特典を持ちます。

また現在日本では、環境省・国土交通省・経済産業省の3省は「低公害車」という場合には四低(低公害車4兄弟)を指します。基本的には「低公害性能」の他に「石油代替性」が要求されています。
尚、日本政府の「低公害車普及計画」ではこれらに加え「低排出ガス認定かつ低燃費車」を含め、クリーンエネルギー自動車という概念ではLPG車のうちトラック等貨物車とバス・特種車を加え「ディーゼル代替LPG車」が加わり、低排出ガスのガソリン車は除外されるという不思議な構造となっています。
諸外国では、代替燃料車として電気、メタノール等のアルコール系、天然ガス・LPガス・水素・DMEのガス系が上げられ、低排出ガス性能については「燃料を問わず一定のレベルをクリア」することが主流であり、日本も著しい発展を遂げており実用化が進んでいます。

日本では特に四低は石油代替法の足かせにより、既に数十台しかないメタノール車がいまだに「低公害車4兄弟」とされていたり、CNG車と排出ガス性能で殆ど差のないLPG車が除外されていたり、「燃料電池自動車」は低公害車とはされていません。またガソリン・軽油の既存の液体燃料を使用する車両のうち排出ガス性能で低公害車としたため、概念が整理されていないのが懸念されます。



燃料に代替エネルギーを用いるものとは
・メタノール自動車…類似のものとしてエタノール自動車
・圧縮天然ガス自動車…CNG車、NGVとも呼ばれる
・LPG自動車…LPガスを燃料としてLPG車、LPガス自動車、プロパン車とも呼ばれる
・水素自動車
・DME自動車…ジメチルエーテル車とも呼ばれる

燃料にガソリン又は軽油を用いるもの
・低排出ガス車…ガソリン・軽油以外の燃料でも量産車で改造車でないもの(型式車)のみが認定対象とされています
・超低PM排出ディーゼル車
・スーパークリーンディーゼル車
・ガソリン(又は軽油)と代替エネルギーを併用するもの
・バイフューエル自動車

動力源にモーターを用いるもの
・電気自動車
・燃料電池自動車
・動力源に内燃機関と電気モーターや様々な補助動力を併用するもの
・ハイブリッド自動車
・研究・開発中の低公害車
・DME自動車
・液化天然ガス自動車
・ガスタービン自動車
・スターリングエンジン自動車
・太陽電池自動車(ソーラーカー)

電気自動車用
エコステーションではもっとも簡素な構成です。駐車中に充電できるように、非接触型コネクタ、交流200ボルト接触型コネクタ、コンセント(交流100ボルト・200ボルト)を備えています。2007年3月現在では、認定ステーションは45か所あり、今後の普及が大きな鍵となっています。

CNG自動車(天然ガス自動車)用
圧縮機(コンプレッサー)、畜ガス器、充填器(ディスペンサー)により構成され、都市ガスのパイプラインを引き込むほか、都市ガスが来ていない地域ではガスローリーで搬入することもあります。但し設置工事費に1億円程度、設備維持費に毎年100万円程度かかるのが難点とされている他、充填器が公道から5m以上離れていること、高圧ガス保安法の規制により保安監督者の配置が必要などがあります。エコステーション認定充填所は全国で約270か所、事業者が独自に設置した充填所を含めると300か所を超えます。

LPG自動車用
コンプレッサー、LPGタンク、ディスペンサーにより構成されており、エコステーション認定制度は主にディーゼル代替LPG自動車用に設定されているため、主にタクシー向けにオートガススタンドとして運営している施設も多く、これらを含めると全国に約1900か所あります。こちらも高圧ガス保安法の規制により保安監督者の配置が必要となります。

メタノール自動車用
2002年からは補助対象外となった。メタノール純度100%のM100を扱う場合は毒物・劇物取扱責任者の配置が必要であり、こちらはメタノール車が少ないこともあり、認定ステーションは現在8か所となっています。