バイクの売買、買い取り情報専門のサイトです☆BIKE INDEX

【BIKE INDEX】 【BIKE INDEX】 【BIKE INDEX】 【BIKE INDEX】 【BIKE INDEX】
 

BIKE INDEX ロゴ

新車購入術

新車販売は値引きが前提条件である?!
例を出すと、スーパーに行って500円の野菜を買ったり、あるいは1000円の肉を買うとき、500円を400円にとか、1000円を900円になどと値引きを迫る人はまずいないと思います。もしいたとしてもスーパーの店員は値引き交渉には応じないはずです。
それなのに、新車で安くても100万円、高ければ2000万円を超えるものもあるクルマを買う時には、たいていのユーザーが値引きを迫り実際に値引きをした上で販売されています。ごくまれに例外的には値引きゼロを標榜するクルマもありますが、実際に買う段階では多少の値引きがあるのが今の実情です。

ワンプライス販売は今のところ成功例ナシといえますか?
その昔に日本GMがサターンというブランドを導入したとき、値引きなしのワンプライス販売を実践したましたが、結果的にはサターンというブランド自体が成功しなかったという話があります。
その後、国産車もさまざまな車がワンプライス販売に挑戦してきましたが、デビューした当初は一時的にはワンプライスを実践できても、しばらくすると値引き販売を横行するというのが一般的な結末だでした。
現在では、レクサスが値引きなしの新車販売にチャレンジしていますが、これがどこまで徹底されるかが大いに注目されるところです。
人により違う値引き額。損をしたくないのなら根気よく値引き交渉をするべきです。
そんなワケで、新車販売においては値引きがあるのがごく普通であり、新車のセールスマンはユーザーの顔色を見ながらどれくらい値引きをしたら買ってもらえるのか、いろいろと悩みながら交渉を進めているのです。
粘り強く値引きを迫るユーザーには止むを得ず大幅な値引きで販売しますし、あまり物言わぬおとなしいユーザーに対してはほとんど値引きしないで販売することもあるのが日本の新車販売の実情なんです。
よく言われるように、ユーザーごとに販売する価格が異なるなどとというのは決して信頼される商売の仕方とは言えませんが、日本の新車販売はそうした商売の仕方が徹底されているのが現状です。
だとしたら、クルマを買うユーザーの側としては最も大きな値引きを引き出して買わなければ損だということになりますよね。自分にだけ高く売られて、ほかのユーザーには安く売られたりしたのではたまったものではないから、少しでも多くの値引きを引き出すように努力すべきだと私は思います。車を買った後になってやっぱりもうちょっと安くして欲しいなんてこと言ったって通用しません。後でうんぬんはつけれませんので、、。

2〜3月はクルマが最も安く買える時期です。この時期を見逃すな!!
そして、その値引きが大きくなるのが2〜3月です。1年を通じてクルマが最も安く買える時期が必ずやってきます。
このホームページを見ていて、今後クルマを買う予定のあるユーザーがいるなら、この時期を逃す手はありません。安く買えるチャンスにきちんと気持ちのいいクルマをゲットしましょう。それに、新車を購入したなら当然保険の加入も必要!保険会社によってさまざまなプランがあるので、「自動車保険比べて納得」といったサイトで保険を比較すると選びやすいです。

結構知られていませんが、下取り車が高値を維持できるのは2月まで。
クルマを買うとき、たいていのユーザーは現在乗っている愛車を手放して新しいクルマを買うはずです。だとしたら、新しいクルマを買うときには愛車の手放し方をまず考えておく必要がありますよね。2〜3月にクルマを買うのら、それより少し前に手放すことを考えておいたほうが良いでしょう。
と言うのも、2〜3月には新車も良く売れるが、中古車はそれ以上に良く売れるんです。売れる時期に合わせて1〜2月の段階で愛車を手放しておけば、より高く手放せる可能性が高まるのです。3月になって手放したのでは、その売ったクルマが中古車市場に出回るのは4月以降になってしまいます。その時点では中古車は売れなくなっている時期ですから、高く手放すのは難しいとなります。
クルマを毎日使うユーザーは早めに手放しておくわけにはいきませんが、サンデードライバーなどでしばらくの間はクルマがなくても困らないような人なら先に手放して後からクルマを買うようにした方が絶対オススメですよ。

 

ディーラーへの下取りと、買取り専門店への売却、分けて考えなければ損をする?!
一般的な愛車の手放し方とは、新車を買うディーラーに下取りに出すという方法なんですがこれでは必ずしも高く売れるとは限りません。
現在では、ディーラーに下取りに出すほかにも買い取り専門店などに愛車を売却するという方法があります。新車の購入と愛車の売却は分けて考える時代なのですが、買い取り専門店では買い取ったクルマをすぐに業者間の売買市場であるオークションに出品し、競りにかけることで高く処分しています。だから、愛車を手放すユーザーから高く買えるのです。
もちろんどんなクルマでも高く手放せるというものではありません。手放すクルマによってはディーラーの下取り査定より格段に高く売れる車種があると同時に、買い取りを断られるような車種だってもちろんあります。
でも、多くの中古車販売店は売るためのクルマの仕入れに苦労しているので、ちょっとしたクルマなら積極的に仕入れようと心がけています。

より高く売れる手放し方こそが、今のどきの乗り換えテクニックなのです。

だから、単純に下取りに出すという方法のほかにも、いくつかの買い取り専門店で買い値を聞くなどを聞き、比較しチェックを入れてみるといいですよ。ディーラーの下取り査定と比べた上で、より高く売れる手放し方を選ぶのが今どきのクルマの乗り換え方なのですから。

目標達成でインセンティブが大幅に変わる。だから、大幅値引きしてでも売りたいディーラーなのです。
2〜3月になると新車の値引きが拡大する理由というのは、自動車メーカーやディーラー各社の決算月が3月であるためです。この時期に1台でも多くのクルマを売ることにより、売上高や利益を多くして決算の数字を良くしたいというのが各社共通の考えなのです。
特に、新車ディーラーは3月までの販売実績によりメーカーから受け取る販売奨励金の額が変わります。また、販売奨励金は台数を売れば売るほど加速度的に金額が多くなる仕組みなので、ディーラー各社はここぞとばかりに必至になってこの時期にクルマを売ろうとするのです。
販売目標に到達できるかどうかで奨励金の額が大きく変わるので、極端な場合などには目標達成前の最後の1〜2台はタダでやっても良いくらいになったりということもあります。
それは少々大げさだとしても、最後の数台が売れるかどうかで奨励金の額が変わるならば、大幅値引きをしてでもここで台数を増やそうと考えるのは当然のことです。だからこそ2〜3月にはクルマが安くなるのです。

インセンティブが値引きの原資
あるディーラーの例では、通常の時期はセールスマンが所属する各営業所の所長から値引き額の決済を受けるますが、2〜3月になるとセールスマンが直接に常務取締役営業本部長に電話をして値引きの決済を受けるような仕組みに変えたりします。
これによって台数を売りたいクルマについては即決で大幅値引きを提示できる仕組みにしているのです。
メーカーとしては、3月に限らずいつもクルマがたくさん売れることを望んでいますが、クルマが良く売れる3月は勝負の月になるので通常よりも多くの販売奨励金を用意するなどしてディーラーの尻を叩くようになるのです。
その販売奨励金が値引きの原資となり、ユーザーが安くクルマを買えるようになるのです。
200万円くらいのクルマでは、通常月には20万円前後の値引きが限界というケースでも、3月になるとそれが30万円にまで拡大したりします。これは大きな差ですよね。4月になるとまた20万円程度に値引き幅が縮小してしまうので、クルマを買うなら3月が絶対に得であり、結果的に新車購入術となるのです。